ウルトラファインバブルで残留アルカリ除去!?

About

2024年1月22日

「カラー後の色落ちが早い…」
「パーマ後の髪の乾燥や特有の臭いが気になる…」
カラーやパーマの施術後に、このような悩みを抱えたことはありませんか?

これらの悩みの原因は、【残留アルカリ】の可能性があります!

「残留アルカリ」とは、カラーやパーマの施術中に髪の内部に浸透し、十分に除去されずに残ってしまった状態を指します。
ご存知かもしれませんが、健康な髪は弱酸性ですが、カラー剤やパーマ剤は基本的にアルカリ性を帯びています。このアルカリ性が髪のキューティクルを開かせることで、栄養素や水分が流出しやすくなってしまいます。

結果として、髪のハリやコシが失われ、枝毛や切れ毛の原因となり、特有の臭いを引き起こすこともあります。また、頭皮への悪影響も無視できず、薄毛の原因となる可能性もあります。

業務用ウルトラファインバブル発生装置salomb(サロム)を、カラーやパーマの中間水洗、アフターで使用することで、通常の泡の約1/20000の大きさの気泡がキューティクルの隙間に入り込みアルカリを除去し、pHバランスをゆっくり中性に戻すことができます!

ウルトラファインバブルを発生させるsalombとそれぞれの施術の組み合わせのメリットです。

ウルトラファインバブルの魅力は、体験・実感してこそ!

お近くのsalomb(サロム)導入店舗はこちらから
salomb(サロム)で、ウルトラファインバブルの驚きの洗浄力と効果をぜひご体感ください。

ヘアサロンで使う薬剤ごとのpH値の表です。